銀行(信用金庫など)について

年齢層とは、社会に暮らす人々の構成を年齢別に並べ、それをあたかも地層のように見立てたものです。

一般的には、数年から数十年単位でそれぞれの層を区切ったものを指します。

その区分は、20代、30代、40代と十年単位で区切ることが多く、他にも、若年層、中年層、高齢層といった大まかなものから、マスコミなどが市場を意識した、F1層(20~34歳の女性)、F2層(35~49歳の女性)といったものまで、その目的によって様々あるといえます。

そもそも、なぜ年齢の違いで人々を区別する必要があるのかというと、年齢の違いによって、それぞれの置かれている社会的立場や、考えや、行動パターンに違いがあるからであり、そのことを把握することで、社会の実相をより正確に捉えようとする考え方があるからです。

しかし、データを取られるだけの対象者の立場としては、ただ機械的に年齢を区分されることに不快感があるのも事実でしょう。

ある種の年齢差別に通じるものであることもまた否定できません。